※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

イベント名:AE86ワンメイクレース


※このイベントは無事終了致しました。全結果はこちら → 結果


開催日とコース

開催日 コース 周回数
1月9日 グランバレー・イーストセクション 5周
1月9日 鈴鹿サーキット 東コース 10周
1月9日 オータムリンク 7周
1月9日 スペシャルステージ・ルート5/夜 3周
1月9日 筑波サーキット 5周

  • 各コース約10分前後で連戦を予定しています



タイムスケジュール

1月9日(月・祝日) 22:00よりラウンジオープン
22:10までに集合願います。
22:15から第1戦グランバレー・イーストセクションにて予選走行開始
22:25までの10分間を予選とします。
5分の休憩を挟み、22:30から第1戦グランバレー・イーストセクション決勝スタート
第2戦からはリバースグリッドにする可能性もあるので、第1戦以降は当日の時間などの状況も考えて調整します。




募集期間・方法

本日6日から当日9日のラウンジオープン1時間前まで受け付けます。
Twitterのリプライもしくはニコニコミュニティの掲示板にて参加希望書き込みをお願い致します。



エントリー

No. 名前 PSID 車種 カラー
1 豚しゃぶ F1_butashabu カローラレビン GT-APEX (AE86) '83 High Metal Two-Tone
2 Fms F126 fmsspon スプリンタートレノ GT-APEX (AE86) '83 High Flash Two-Tone
3 Morris FTE82 カローラレビン GT-APEX (AE86) '83 ブリリアントオレンジ・メタリック
4 みのすけ minosuke77 スプリンタートレノ GT-APEX (AE86) '83 High Flash Two-Tone
5 リリウィ Lyriwi スプリンタートレノ GT-APEX (AE86) '83 イエローソリッド
6 トッティ hh-sato スプリンタートレノ GT-APEX (AE86) '83 High Tech Two-Tone

  • 車種、カラーの変更を希望される方は、事前にお問い合わせ下さい。


車両規定

使用車両 スプリンタートレノ GT-APEX (AE86) '83
ーーーー カローラレビン GT-APEX (AE86) '83
改造範囲 過給機(ターボ・スーパーチャージャー)禁止
ーーーー 過給機以外はフルチューン可
ーーーー パワーリミッター調整可
ーーーー バラスト調整不可
馬力 制限無し
重量 制限無し
PP 430未満
タイヤ スポーツ・ソフト以下

※スプリンタートレノ GT-APEX (S.Shigeno Ver.) '00 は、初期状態から既にチューニングが施されたマシンのため、上記2台と比べて差が出るため使用禁止とします。



レギュレーション

ゲームモード ノーマルレース
スタートタイプ グリッドスタート(フライング判定)
グリッドソート タイムによるグリッド
ブースト なし
ペナルティー なし
自動レース開始サイクル 無効
勝者決定後のレース継続時間 30秒
車両の破損表現 ON
メカニカルダメージ なし
スリップストリームの強さ 弱い
タイヤ/燃料の摩耗 ON
雨・コース外でのグリップ低下 リアル
スキッドリカバリーフォース 禁止
アクティブステアリング 禁止
ASM 禁止
ドライビングライン 許可
TCS 許可
ABS 許可



●セッティングについてのアドバイス(?)

  • 過給機を禁止とするので、それ以外でパワーを上げられる部分は上げ切る、フルチューンする事をおすすめします。
  • スタンダードカーなので、購入時はオイル交換を忘れずに。
  • エンジンオーバーホール、ボディ剛性リフレッシュを行う事をおすすめします。



●備考・その他

  • エアロパーツの装着は自由とします。
  • 音を重視したい方の事も考慮し、スポーツマフラー等でもレーシングチタンマフラーのタイムに劣らないようPPを設定しました。
  • なお、トレノのみ、スポーツマフラーにすると筑波サーキットでのタイムが他に比べて若干落ちるという謎の現象が起きています。あくまでも参考までに。(※個人差があると思われます Ver.2.02現在)



●注意とお願い

  • レースなので、グリップ走行でお願いします。
  • AE86だからって、某漫画を真似してドリフトしちゃいましたーなんて事は許されません。許しません。(恐らく無いと思いますが・・・。)
  • 箱車なので、軽い接触は笑って過ごす精神を持ちましょう。当然、わざと接触するなど迷惑をかけるような行為は論外です。
  • もちろん、接触してしまった場合は素直に謝罪しましょう。
  • あまりにも酷い妨害行為、参加者に多大な迷惑をかけるプレイヤーが居た場合は、後日審議し、何らかのペナルティを課す等の処置を取らせていただく場合がございます。


最低限のマナーを守り、上手い下手関係無く、楽しいレースにしましょう!