ストーリー

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

【サティと玉寄】
止め処なく降りつづける雨――
窓の外を見ると、扉の前に人影が見えた。
私は愛用の杖二つを手に取り、店の外に出る。
横たわる男の胸には、大きな傷がある。致命傷だろう。
私は静かにつぶやいた。
「この男――こちら側に厄介なモノを持ってきたな――」
私は杖を男に向けると、呪文を唱え始めた。
雨にかき消されそうなぐらい、小さな声で。

【玉寄の独白】
僕は記憶を失っていました。
僕が目を覚ましたときには既に、何も思い出せなくなっていたのです。
そんな僕を拾ってくれたのがサティ様でした。

何もすることが無いので、
僕はサティ様のために働くことにしました。
そして、僕はサティ様の下僕になりました。
僕の仕事は、店の手伝いをしたりして、お金を作りながら、
サティ様の借金の肩代わりをすること。

ギルドで働きながら、僕はある男に出会いました。
彼と少しずつ親密になりながらも、
僕は彼に記憶がないことを話しました。
彼は僕に提案しました。
森の奥に住む魔術師、レイジと会うことを。

そして僕は、サティ様のために働きながら、
自分の記憶のカケラを探す旅に出ることになったのです。


【新しいページ】
俺は知らなかった。
平和な日々は永遠に続かないということ。
記憶を取り戻してしまったことが、悲劇の始まりだということ。
俺は大切なものを失ってから、後悔した。
手元にある生活以外、何も求めてはいけなかったのだと。

俺は立ち上がる。
一番大切なものを失わないために。


クリアまでのシナリオ
注)メンバー専用ページ
|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|