エサルハドン(エサル・ハドン)


メソポタミア神話に登場する新アッシリア王朝の王。
センナケリブの行き過ぎた宗教改革を改善するためマルドゥクの信仰を勧めた。

関連:

別名: