アヌンナ


メソポタミア神話の神。
大地の精霊、または天使ともされる。
地平線下の星を司る人間の目には見えない精霊ともされる。

別名: