ルオンノタル


フィンランド神話に登場する自然の精霊。
その名は「自然の娘」の意。
鷲の卵をひざにうけ大地を造りだした。

関連: