スクナビコナ(少名毘古那神)


日本神話の神。
豊穣をもたらす農耕神。医薬の神、酒の神とも言われる。
オオクニヌシ(大国主命)とともに国造りを行う。
親神については日本書紀と古事記で別の説をとる。
江戸時代以降、中国道教のシンノウ(神農)とともに薬祖神として祀られるようになる。

関連:

別名:

祭神とする神社:
  • 神田神社(東京都千代田区)
  • 宝田神社(東京都中央区)
  • 五條天神社(東京都台東区)
  • 今宮神社(東京都文京区)
  • 穴沢天神社(東京都稲城市)
  • 秋川神明社(東京都あきる野市)
  • 穴沢天神社(東京都あきる野市)
  • 阿豆佐味天神社(東京都瑞穂町)
  • 大嶽神社(東京都檜原村)
  • 雨宮坐日吉神社(長野県埴科郡)
  • 荒田神社(兵庫県多可郡)
  • 阿羅波比神社(愛媛県松山市)
  • 淡島神社(和歌山県和歌山市)
  • 伊香保神社(群馬県北群馬郡)
  • 揖夜神社(島根県八束郡)
  • 大神神社(奈良県桜井市)
  • 高龗神社(栃木県今市市)
  • 帯広神社(北海道帯広市)
  • 御嶽神社(長野県木曽郡)
  • 恵美須神社(京都府京都市)
  • 由岐神社(京都府京都市)
  • 北白川天神宮(京都府京都市)
  • 大豊神社(京都府京都市)
  • 幸神社(京都府京都市)
  • 五條天神社(京都府京都市)