タケミナカタ(建御名方神、武南方神)


日本神話の神。
元は狩猟の神として信仰されるが、軍神・武勇の神・風の神としても知られる。
コトシロヌシ(事代主)の次にタケミカヅチノオ(建御雷之男神)に国譲りを迫られ反抗するも、歯が立たなかった。
逃げ込んだ諏訪湖の土地の神となり、諏訪神社の祭神となる。

関連:

別名:

祭神とする神社:
  • 全国の諏訪神社
  • 氷川神社(東京都足立区)
  • 八幡神社(東京都東大和市)
  • 玉川神社(東京都羽村市羽中)
  • 元狭山神社(東京都瑞穂町)
  • 三嶋神社(東京都日の出町)
  • 生品神社(群馬県新田郡)
  • 菟橋神社(石川県小松市)
  • 大祭天石門彦神社(島根県浜田市)
  • 岡宮神社(長野県松本市)
  • 小野神社(長野県東筑摩郡)