テュール


北欧神話の剣の神であり、戦の神。
古代ゲルマン神話では天空神としての性格ももつ。
フェンリル捕獲に成功するも右腕を食いちぎられ「片手のテュール」と呼ばれるようになる。
ラグナロクではガルムと相打ちになる。
火曜日(Tuesday)の語源。

関連:

別名: