ヤムナハル(ヤム・ナハル)


ウガリット神話の海洋神。
竜神ともされ、その名は「海」を意味する。
バアルと大地の所有権を争ったが敗れた。
エルの子とする説も。

別名: