アイゲウス


ギリシャ神話に登場するアテネの王(またはアッティカ王)。
息子テセウスミノタウロス退治に行った際、帰りに帆の色を変え忘れていたことで死んだと勘違いし、海に身投げをしてしまう。
その海はアイゲウスの名からエーゲ海と呼ばれるようになった。
父をスキュリオスとする説もある。

関連:

別名: