パリス


ギリシャ神話に登場するトロイの青年。
トロイ戦争の発端となり、トロイを滅亡に導いた男と呼ばれる。
ヘカベが凶兆であるという夢を見たため捨てられたが、召使いアゲラオス(3)の農場で育てられる。
美貌と力に優れた青年に育ち、農場を荒らす盗賊から羊を守ったことで、アレクサンドロス(守る男)と呼ばれた。
ヘラアテナアプロディテの美の争いの審判となり、絶世の美女ヘレネをえる条件でアプロディテを選んだ。
ヘレネは連れさらわれパリスの妻となるが、これが発端でトロイ戦争となった。
メネラオスと一騎打ちになり、旗色が悪くなったところをアプロディテに救われた。
のちにピロクテテスの持つヘラクレスの弓で射られて死んだ。

関連:

別名: