ヘラクレス


ギリシャ神話の大いなる英雄。
ヘラに狂わされ息子たちを殺した罪を購うため、エウリュステウスに命じられた12の難行(荒行・功業)を成し遂げる。
アルゴナイタイ(アルゴ探検隊)にも参加する。
元は人間だが、ゼウスにより英雄神として神化させられる。

関連:

別名:



難行:

1.「ネメアーの獅子の皮の獲得」
テュポンから産まれた不死身の獅子の毛皮を取りに行く。
獅子を窒息させたまま担いで帰ると、恐れをなしたエウリュステウスから市内に入らないよう命じられる。
以降は使者コプレウスを通すこととなる。

2.「レルネーの沼のヒュドラ退治」
御者イオラオスとレルネーに向かい、ヒュドラの切り口を火であぶりながら退治する。

3.「ケリュネイラの鹿の生け捕り」
アルテミスに捧げられていた鹿だったがアルテミスアポロンを説得し持ち帰る。

4.「エリュマントスの猪の生け捕り」
ケンタウロスの村で再びヘラに狂わされるもこれを抜け、罠を使って猪を生け捕りにする。

5.「アウゲイアスの家畜小屋の掃除」
家畜小屋に川を引き入れ掃除を終わらせる。
アウゲイアスは報酬の約束を破り反抗した息子ピュレウスとともにヘラクレスを追放する。

6.「ステュムパーロスの鳥退治」
数知れぬ怪鳥ステュムパリデスたちを追い払うためアテナヘパイストス作の青銅のガラガラを借りこの音で驚かして退治を成し得る。

7.「クレタ島の牡牛の生け捕り」
ミノス王に協力を願ったが断られヘラクレス一人で捕獲する。

8.「トラキア人ディオメデス(2)の牝馬の入手」
好戦的なビストーン族の王ディオメデス(2)の飼っている牝馬を手に入れる。
ヘラクレスは部下の少年アブデロスに馬を任せ追っ手を追い払うが少年は牝馬に引きずられて死んでしまう。

9.「ヒッポリュテの帯の入手」
アマゾネスの女王ヒッポリュテが持つアレスの帯を持ち帰る。
はじめは帯を譲ってもらえることになったが、ヘラが殺害に来たと吹聴したため、殺して奪うことになってしまった。

10.「ゲリュオネスの牛の生け捕り」
ゲリュオネスが飼っている紅い牛を牛飼いのエウリュティオン(3)や番犬のオルトロスを倒して生け捕りに成功する。
帰り道に巨人カクスに牛を盗まれるが、カクスを殺して奪い返す。

11.「黄金の林檎の入手」
ヘスペリデスが守っている黄金の林檎を、その父アトラスに協力させて入手に成功する。

12.「ケルベロスの生け捕り」
ハデスケルベロスを求めると素手でなら相手を許されたので、竜に噛まれながらも犬の頭を絞めつづけそのまま地上に連れていった。
エウリュステウスケルベロスを見せたあと、再び地獄に戻した。