アナンタ


ナーガ(蛇神)の王。
その名は「無限」「永遠」を意味し、千の頭を持つといわれる。
ヴィシュヌはアナンタを船代わりにしてこの世に現れたとされる。
ジャイナ教ではアルハンタの十四代目とされる。

別名: