サマエル


キリスト教の悪魔。その名は「毒の主」を意味する。
元は天使の一人で、「創造の天使」「魅惑者たちの長」「審判の天使」「死の天使」などとも呼ばれ、ローマの守護天使とする説もある。
人間の魂を神の裁きの前に連れ出す天使の一人で、モーセの魂の運搬に失敗したことで堕天したとされる。
ベリアルとともにサタンの別名とする書もある。
グノーシス主義では火星を司る天使で、12宮の天使を生み出したとされる。

関連:

12宮の天使:

別名: