スーリヤ


インド神話の中で最も古く有名な太陽神。
天空神ヴァルナの用意した道を駆け世界を照らす。
サンジュナーは夫の光の強さに困っていると、巧みな工芸神でもある父ヴィシュヴァカルマンはその光の八分の一を切り取り神々の武器を作り出したと言われる。
日本に渡りニッテン(日天)と呼ばれるようになる。
父はカシュヤパとする説やディアウスとする説などがある。

関連:

別名: