ヴクブカキシュ(ヴクブ・カキシュ)


マヤ神話で天地創造直後に太陽神を騙った存在。
その名は「七のオウム」という意味で、大きな鳥ともされる。
独り占めした財宝の輝きを誇る傲慢なもの。
若き神フンアフプーイシュバランケーに倒される。

関連:

別名: