ネルガル


メソポタミア、アッカド神話の疫病をもたらす神。
黄泉の国を支配する神としても知られる。
火星を司る。
キリスト教悪魔学では、第二階級の魔神、地獄の秘密警察の長官として扱われる。
エンリルニンリルの息子、ニンフルサグの息子、クトゥシャトルの息子とする説もある。
また、妻についてはアルラツという説もある。
元来はフルリ人の神であったが、メソポタミア神話に取り込まれた際に冥界神とされた。

関連:

別名: