グバンダ(鳩槃荼)


インドから仏教に移入された夜叉。
睡眠を妨げる鬼神と言われ、全ての夜叉の代表とされる。
コウモクテン(広目天)やゾウチョウテン(増長天)に従うとされる。
胎蔵曼荼羅では最外院(南方)に描かれる。
ハチブキシュウ(八部鬼衆)の一。

関連:

別名: