シーター


インド神話の叙事詩『ラーマーヤラ』に登場する王子ラーマの美妃。
その名は「畝(うね)」の意。
魔王ラーヴァナに誘拐されラーマに助けられる。
ラーマの息子を宿すも魔王の子であると疑われたため、森の隠者ヴァールミーキのもとに非難し双子を産んだ。
のちに田の女神として信仰される。

関連:

別名: