マヌ


インド神話の登場人物。最初の人間とも言われる。
朝日の神ヴィヴァスヴァットから産まれたともされる。
ヴィシュヌ神の化身、巨大魚のマツヤに従い、洪水を乗り切る。
カシュヤパを祖父、スーリヤを父とする説もある。
プラーナ文献によると14期あるカルパそれぞれに1人ずつ、14人のマヌがいるとされる。

関連:

プラーナ文献14人のマヌ:

別名: