ヴィヤーサ


インド神話に登場する仙人。
その名は「編者」の意。
ガネーシャに『マハーバーラタ』を口述筆記させたとされる。
苦行に明け暮れていた彼は見るに絶えない姿だったため、アムビカーは目を閉じて交わり盲目の息子を、アムバーリカーは青ざめたまま交わり蒼白の息子を産んでしまった。

別名:

別名: