オツルミョウジン(お鶴明神)

日本神話に登場する神。
若狭土手の長堤の人柱にされた下女の神格化。
北上川の小さな社に祀られる。