ガルバプシ(ガル・バプシ)


インド南部タミル地方のドラヴィダ人に伝わる神。
罪人の背中に鉤を刺し一日中ぶら下げるといわれる。