ナンガクギフジン(南岳魏夫人)


道教上清派(じょうせいは)の開祖とされる女神仙。
トウオウフ(東王父)から仙薬をもらい尸解して昇天、シキョゲンクン(紫虚元君)に封じられ南岳衡山の女神となる。

別名: