リショウクン(李少君)


道教の煉丹術(丹薬を作る術)の始祖といわれる神仙。
アンキセイ(安期生)から煉丹術を伝授され、これを世に広めたといわれる。