サンジエゴンイエ(三界公爺)


中国マオナン族が進行する最大の善神。
ハッセン(八仙)とともに桃を食べ仙人となったが、その後牛肉を食べてしまい、半人半仙になってしまったといわれる。