ミョウケンボサツ(妙見菩薩)


中国の星宿思想から来たもので、北極星を神格化した菩薩。
「妙見」は「優れた視力」のことで、善悪や真理を見通す者という意味。

関連:

別名: