※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

・HairReplacementとは?

HairReplacement(ヘア リプレースメント)とは髪を置き換えると言う意味の従来型の被るタイプのカツラとは全く異なるものです。

ハリウット映画で俳優が使用し、その昔大物俳優のためだけの大手クラブ系カットハウスの秘伝の技術でしたが数年前特許期限が消失し世界的に主流になりつつある技術です。
有名なところでは国内大手のHFLが代表的です。従来のネットに髪を編み込み目に見える部分は厚いスキンを張り、自毛にピンなどで留めるタイプとは異なり極薄のレース素材に髪を植毛し、頭皮に専用の接着剤、テープで直接貼り付けます。貼り付けることでレースが頭皮に密着し地肌が透けることにより、より自然になり検知し難くなります。しかしながら短所もありこの自然さを演出するには貼り付ける部位の髪を剃る、またはバリカン等で短く刈る必要があります。これを受け入れることが出来るかがポイントになるかと思われます。

・ここで紹介するHairReplacementは?

国内大手で販売されるHairReplacementは、4枚以上のセット販売で60万以上と言われ脱毛の範囲やオプションにより金額がさらに上積みされ、耐久としては1枚約半年と言われます。さらに2週に1度の張り替え、セットを専用サロンでのサービスを受けるのに1回数千円の費用がかかります。場合によっては髪が残っている部位に対し育毛等を勧められさらに月数万円のコストがかかる場合が有ります。最近は中小のサロンで1枚10万を切る業者も現れ、専用の個室サロンを希望する方にもハードルは低くなる傾向に有ります。

こちらで紹介するHairReplacementはネットによる専売に特化し販売コストを抑えている、1枚2~5万円程度の低価格製品についてまとめたいと思います。俗に言うカツラの大半は現在海外の工場で生産されものを販売業者を通して購入します。低価格の反面、対面販売ではないため購入方法や購入後のセルフメンテナンス、テープ・ボンド等の備品の選定、購入、カット等について不明・不安な点が多いためそのその点をまとめサポートしてゆければと思います。
カツラというものは元々高価ではないのですが、使用することでの宣伝効果が無いため広告に莫大な経費がかかり、一般の方との差別化を図るために予約制の個室サロンを維持する経費が販売価格の大半を占めます。海外の工場は新技術や新製品の開発にも大変熱心で国内の既存メーカーよりも一足早くその製品を購入することが出来ます。
もしも機会があれば選択肢の1つに入れる価値は有るのではないでしょうか。

・従来品との違い

従来型

  1. 裏側から見た状態
  2. ネットと植毛
  3. 表より見たネット部分

・このように従来品は束になった髪をネットに植えるために隙間が大きく、少ない毛量ですとネットがすけて見えてしまいます。
そのために不自然に多い毛量と厚いベースのため被ったような容姿になっていました。


・HairReplacement


  1. 裏側から見た状態
  2. 1.手に載せた状態
  3. 2.手に載せた状態

HairReplacementは皮膚に密着することで検知することが非常に困難な薄い素材をベースとしていますので、自分に合った髪質や髪色で作成した場合驚くほど自然です。