※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

・カットについて

私が国内大手メーカーのサロンにてベテランの技術者より伺った話をまとめます。
オーダーされた製品の内容、希望の髪型、男女、カットされる技術者等で変わる部分が多いと思いますのであくまで参考にして下さい。

カツラのカットについて

  1. 人間の毛髪は10万本あると言われていますが、それに比べてかつらの毛髪は少ないです。
    しかしカツラはどちらかと言うと多く見えますがなぜかと言うと
    通常の場合、産毛・短い毛・長い毛、細い毛・太い毛が混在していてますが
    カツラの毛はほとんど同じ太さで同じ長さに切りそろえられた毛を植えられています。
    そのために本数は少ないのに多く見えてしまいます。
    それを踏まえたうえでのカットをします。
    一般的に人頭ならば10万本あるわけですから揃える技術が必要で揃えて軽くするという
    技術を使用して髪型を表現します。

  2. カツラの場合は人頭と同じようにカットしてしまうと不自然になります。
    均一に揃えてしまうと当然毛髪が伸びないからです。
    一般に男性の場合は大体の長さを先に揃え、荒いスキ鋏を縦に入れ、
    最終的な長さは次回の散髪までの時間を考慮して少し長目に長さを調節します。
    この際毛先は特に揃えないようにカットした方が無難です。
    カツラの毛量は実際の人頭より少ないので、揃えるのではなくあえて揃えないことが大切です。
    揃えずにカットすると長い毛は寝ようとし、短い毛は立とうとします。この短い毛が長い毛
    を押すことにより、このバランスがボリュームを出します。
    毛量の調節をする場合は根元ギリギリで根元から完全にカットします。
    生え際は一本一本適当にそろわないように短くカットします。

  3. この点からオーダー時に若干希望の毛量より多めにオーダーしカットの技術で自然に見せる事が出来ます。

  4. 1度にカットしてしまうのではなく実際に生活をしてみてから様子をみながら時間をかけて少しづつ合わ
    せるカットをすることが良いかと思います。