※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

パーマ 中間処理

PW1剤と2剤の役割を正確に把握した上で
中間処理の役割を確認してみましょう。

ーーーーーーーーーーーーーーー
PW1剤の役割は3つ
  • S-Sを切る
  • 『キューティクルを開く』
  • コンディションを最低限、悪化させない

PW2剤の役割は2つ
  • S-Sをつなげる
  • コンディションをなるべく良くする
ーーーーーーーーーーーーーーー

中間処理でしなければならない事は、
『キューティクルを閉じる』こと。明確にはそうなりますが、
実はこれが非常に難しく、これができる中間処理剤は存在していません。
(メーカーがなんと言おうともです)
キューティクルを開く、と簡単に言いますがその仕組みは
膨潤剤(アルカリ)剤によるものです。
これを「クサビ」に置き換えると、中間処理ではこのクサビを取り除く事が
大きな目的になります。一度打ち込んだクサビは容易に外れるものではなく
長時間20分以上にわたる水洗が必要です。現実には不可能です。
中間処理に使うものとして「酸リンス」や「バッファー剤」がありますが
これらも、PW2剤の酸化促進剤としての意味以上のものはなく、
クサビを取るような事はしません。つまり、膨潤したままだという事です。

こういった背景をかんがみて前後の処理でできる事は、
膨潤剤の使用量を見極め、最低限度のアルカリを使用すること。
ホームケアで弱酸性のシャンプー&コンディショニング剤を使ってもらう事。
この2点くらいのものです。
ごまかし程度の中間処理剤では何の意味もないという事です。
できる限りしっかり水洗しましょう。そして、
500倍程度に薄めたクエン酸を大量に使用して洗い出しをする事です。


ーーーーーーこの記事は書きかけですーーーーーーーー