※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

PW1剤のおおまかな成分

  • 還元剤(チオグリコール酸、その他)
  • コンディショニング剤(手触り感向上剤)
  • 膨潤剤(アルカリ)

『還元剤の役割』

毛髪を構成するケラチンにはイオウを含むアミノ酸が2種類あります。
そのほとんどがシステイン(通常はシスチンの形)であり、ごく少量の
メチオニンも含まれます。このイオウ同士の結合をジスルフィドといい、
シスチン結合と言えば美容関係者であれば誰もが知っている言葉であります。
このシスチン結合を還元し、Sの形に分離するのが還元剤の役割です。






ーーーーーーこの記事は書きかけですーーーーーーーー