※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

TPOにあった選択をしていけば目的に近い成果を発揮するはずの
毛髪処理剤ですが、間違った使い方をしていたり、
有効成分濃度が極端に低かったり実は一番あやふやになりがちなのも
「保護剤」というジャンルです。

実に様々な種類の処理剤がありますので、
ケラチンなら何でもいい、コラーゲンなら何でもいい。
というわけではないんですよ。

例を挙げながら解説していきます。


ーーーーーーこの記事は書きかけですーーーーーーーー