※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

今日: - /昨日: - /トータル -

ターゲットリーダー

TLはただターゲットを一匹のモンスターに絞るだけではない。
リンクした時の処理において、優先順位を把握して、PTの安全を考え、最適に狩りをする重要な役割である。
PTモンスとかでスリープを順にかけていった場合、どれが最初にスリープをかかったとか覚えて、スリープが解けるのに早い準にターゲットを決めたりする。
まぁここら辺は普通なのだが、例えば今叩いているモンスターの他に、スリープのかかったモンスターがいて、今叩いているモンスターが死亡したら、次はそのスリープしているモンスターを殴るのだが、その前に新たにモンスターが沸いたとする。そしたらスリープしているモンスターを放置して、新たに沸いたモンスターを先に殴るのだが、これが結構できない人がいたりする。
もちろんFAとしても新たに沸いたモンスターにヘイトをいれる。だから結構な確率でスリープを起こしてしまい、リンクしてしまったりする。
またはスリープしたモンスターに殴り行ったら、その奥にいるモンスターが確実にリンクする場合、スリープしているモンスターを放置して、リンクする可能性があるモンスターにヘイトを入れるのだが、これまたスリープしているモンスターをたげるTLが結構多かったりする。

更にルーツしているモンスターとスリープしているモンスターがいる。どちらも同じくらいにかかったモンスターだ。
この場合ルーツしているモンスターを殴ると、ルーツの特性から周りにいるプレイヤーをランダムに殴る。ということはタゲが固定できない。
スリープしているモンスターを殴ると、ヘイトいれればタゲを固定できる。
スリープは起こしてはならないという、先入観があるせいか、大抵の場合はルーツしているモンスターを殴る人が多いのだが、どちらを先に優先するかは、タンカーとしては先にスリープかかってる方を殴りたい。
そうすれば、スリープっかってるモンスターを倒し終わった頃にルーツしているモンスターにかかったルーツが解けて、タゲを固定できるからだ。
しかしこれが正しいとは限らない。場合によっては、ダメージを分散させて、自然回復をした場合が良い方もある。それはヒーラーのMPやPTMの構成とHPを把握して行う必要がある。

また私はテンプルナイトなので、アンデットモンスターがいっぱいいるような場所は、ホーリーオーラ+ヘイトオーラFAをすることがある。特にアンデットPTのパイタンPT、スパイトPT、エルモアアデンPT等々。その場合範囲ルーツをするので瞬時にの判断が必要になる。もちろんウィズがいる時は範囲スリープもかけるので、スリープとルーツの両方の判断が求められる。スリープとルーツが一気に範囲でかかるので、TLにとってはかなり酷な事になるだろう。そしてPTモンスを相手にする場合、まず親を攻撃する人が多いと思うが、必ずしも全部にルーツとスリープがかかるわけではない。その「撃ち漏らし」を瞬時に判断して、的確にターゲットを絞る必要がある。

また、モンスターの知識も必要となってくる。狩り場でどれが麻痺を使ってくるか等々。
例えば傲慢のミュルPT。親が範囲スタン、ナイトが麻痺を使ってくる。この場合普通はナイトを真っ先に倒す。しかしPTに優秀なスリーパーがいたら、真っ先にナイトを眠らせる。もちろん範囲スリープで全部眠らせたりする。全部眠った状態なら、まずナイトを倒すだろう。しかし親が起きてる状態。もしくはナイトだけ寝てる状態ならば、範囲スタンを使ってくる親が優先順位が上がる。範囲スタンで殲滅速度を鈍らせるのを防ぐためだ。

FAとTLは二人三脚だと思う。
FAとTLの息が合っていれば、怖い物はない。

参考:HOLY FEATHER Serena様/C3日記/第101話抜粋

コメント

名前:
コメント:
  

更新履歴

取得中です。
 

サイトマップ