※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

#weblog
 臓器売買に絡むとみられる不審な電話や相談が、
複数の大学病院や患者団体に持ちかけられていた
ことが5日、分かった。

宇和島徳洲会病院(愛媛県宇和島市)を舞台にした
臓器売買事件が国内で初めて摘発されたが、同様の
事例が水面下で行われている可能性もある。

関係者は「臓器移植の信頼を著しく損ねる行為」
と憤り、取り締まり強化を訴えている。

 北海道大病院(札幌市北区)では、
「私の腎臓を買ってくれないか」という電話が数年前、
突然かかってきた。かけてきたのは男だった。
病院側が「犯罪行為で、無理だ」と断ったが、
男はさらに「(買ってくれる所が)どこかないのか」
などと尋ねた。

臓器移植法では金銭の授受を禁じており、同病院の
腎臓移植担当医は「違法であることを知らないなん
て、あまりに非常識」と困惑する。

 北里大病院(神奈川県相模原市)でも約10年前、
女から「腎臓を売ることができますか」と、臓器の
売り込みをうかがわせる電話があった。病院が
「(臓器売買は)やってはいけない行為。警察に
捕まりますよ」と注意すると、女はすぐに電話を
切ったという。

 また、東京の私立大学病院では、腎移植を希望
する患者が、ドナー(臓器提供者)として部下を
連れて来院したことがあり、病院側は移植を断った。
日本移植学会のガイドラインでは、親族以外がドナー
となる場合、倫理委員会の承認を得ることになって
いるが、倫理的にあまりにも問題が大きいケースだ
ったためだ。

 一方、「大阪腎臓病患者協議会」(大阪市淀川区、
会員約7200人)には「どこへ行けば臓器を買っ
てもらえるのか」といった問い合わせがあったほか、
「海外の移植施設を紹介する」という不審なダイレ
クトメールが届いたこともあった。全国腎臓病協議
会の栗原紘隆副会長は「これまで築き上げた移植へ
の信頼を台無しにする行為で、許せない。行政は取
り締まりに乗り出してほしい」と訴える。【河内敏康、今西拓人】


うわぁ・・・

というか、やっぱりあるよね・・・

だって、今、消費者金融があんなに堂々とコマーシャル
できちゃうぐらいの時代だもん・・・

脅しがあるのなんて、よく聞く話だしね・・・


ご利用は計画的に

なんてコマーシャルしてるけど、計画的にできる
人は、まず消費者金融に借金しないし・・・

あれって、かなり惑わせるよね?
明るいイメージで、可愛い子使って。

なんでコマーシャルできるようになっちゃったんだろうねぇ。