※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

#weblog
 人気キャスターの小倉智昭(59)が14日、都内で行われた糖尿病
に関するイベントにゲストとして出席した。世界糖尿病デーにあたり、
米製薬会社がインスリン療法を50年以上続けている患者を表彰するも
の。20年以上前から糖尿病を患い、同療法を続けている小倉は「糖尿
病は友達」と明るい闘病ライフを語った。

 フジテレビ「とくダネ!」(月~金曜前8・00)などテレビ4本、
ラジオ1本のレギュラー番組を抱える小倉が、糖尿病と付き合いながら
の売れっ子ライフを語った。「第4回リリー インスリン50年賞」
(主催・日本イーライリリー株式会社)の表彰式でスピーチしたもので、
「父も母も糖尿病。インスリンで家族の絆(きずな)が結ばれている」
などと話し、集まった患者やその家族ら約60人をなごませた。

 糖尿病であることが分かったのは20年ほど前。テレビ番組の企画で
血糖値を測ったことがきっかけで、医師から「間違いなく糖尿病です。
あす病院に来てください」と宣告されたという。「以前、トイレで隠れ
るように注射をしていたら(ネット上の)掲示板で“麻薬を打っている”
と書かれた」との笑えない!?エピソードも披露。

 司会者やアナウンサーはストレスがたまるので糖尿病になりやすいと
も指摘し「皆さん、言いませんが、血糖値の高い司会者は結構いますよ」
と“暴露”。「糖尿病じゃないと名司会者じゃない」と笑わせた。

 今でも週に1度はゴルフに行くなど、趣味、仕事とフル回転で毎日を
楽しんでいる。酒もたばこもやめ、人生の楽しみは「ゴルフとコーヒー」
とし「糖尿病を治療しないといけないとか、闘わないといけないという
気持ちはない。友達だと思って付き合ってますよ」と、前向きな糖尿病
ライフを提案した。


20年も糖尿病と付き合ってるなんて食事療法などなど、ものすごく
頑張っているんですね・・・。

糖尿病は、低エネルギー高栄養・・・の栄養バランスのよいお食事
を常に頑張っていかないといけないのに・・・。

不規則な生活な上に、食事療法。大変な努力ですよね。

それを明るく  友達  って言える小倉さんってすごい精神力
の持ち主ですね。

お体に気をつけてくださいね。