※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

#weblog
  テレビやDVDのリモコンを操作すると、電気ストーブの
スイッチが入る。こうした誤作動が起きる電気ストーブが
あることが、2006年11月15日の独立行政法人・製品評価技
術基盤機構(NITE)の発表でわかった。火災などの事故はま
だ報告されていないようだが、いったいなぜこんなことが起こるのか。

   「テレビのリモコンでチャンネルの切替えをしたところ、
リモコン付き電気ストーブが点灯した」
   「何もしないのに、リモコン付き電気ストーブが勝手に点灯した」

  などの情報をNITEが得たのは2004年4月だったという。
中国から輸入2製品がテレビ用リモコンで点火

  NITE は、ヒーターの点灯が付属の赤外線リモコンで行える
ストーブを13銘柄を購入し、国内家電メーカーの赤外線リモコ
ン(テレビ用リモコン9社9銘柄、 HDD/DVDレコーダー用リモコ
ン9社9銘柄、ビデオレコーダー用リモコン4社4銘柄)でテスト
をした。すると中国から輸入した2製品が、ソニー、シャープ、
日立のリモコンで点火したり、首振りをしたり、暖かさの強弱
のスイッチが変わることがわかった。

  NITEは、

   「今回はテレビやDVDなどのリモコンだけのテスト。
エアコンなどリモコンを使う家電は多数あり、他にも誤作動に
関係するリモコンがあるのではないか」

  と話し、リモコン全般に対して注意を促す。

   リモコンで誤作動が起きる原因は、リモコンから発せられる
信号の一部がストーブを作動させる信号と一致しているためで、
日本製品の場合は誤作動が起きないように信号の割り振りをして
いる。しかし、輸入品(中国、台湾、韓国等の海外メーカー設計
製品)については、コストを考えて、こうした信号方式を採って
いないものがある。さらに輸入ストーブを動かすために設定して
いるリモコンの信号が、短いことが誤作動を起きやすくしている。

  さらにリモコンだけでなく、冷蔵庫などの家電から出るノイズ
(電圧の変化)で、点火など誤作動する中国製、台湾製のストーブが
4機種見つかった。コストの問題などでノイズを抑えるフィルターが
付いていなかったりするためだ。これは留守中に点火する場合もあ
り非常に危険だ。

使用する時以外はコンセントを抜くしかない

  そうなるとリモコン付きの電気ストーブは、使用する以外は電
源からコンセントを抜くしか方法がない。経済産業省も06年11月15
日、火災に至る危険性もあることから、関係団体、輸入事業者等に
対して、製品の製造・輸入・販売を自粛するよう要請を行い、使用
者に注意を呼びかけた。経済産業省はJ-CASTニュースの取材に、

   「07年の2~3月までには電気用品安全法の改正の手続きをし
たい。電気ストーブの一定の技術基準に達していなければ販売が
できないようにする」

  と答えた。ただし、まだ事故が報告されていないことや、使う
側が注意すれば事故には至りにくいということを理由に、販売店や
メーカーにリコールの指示は出さないという。では、「法律はいつ
頃改正されるのか」と聞くと、

   「施行されるのが、いつになるか、まだわからない」

  ということなので、今後しばらくは、外国製のリモコン付きス
トーブを買う場合は仕様などをしっかりと確かめて買ったほうがよ
さそうだ。

勘弁してくださいよ・・・
事故が起こらないからって、悠長な対応ですね。

非常に危険な状態であるのに、こんなにのんびりな対応なんで
すか?

何回同じ対応をすれば気が済むんでしょうね。
対応遅いことで、何回も何回も非難されてるんじゃなかった?
ねえ?

大きな被害になってからじゃ遅いと思うんですけどね。