※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

#weblog
公正取引委員会は2006年12月27日、大手ネット
商店街事業者の楽天、ヤフー、DeNAの3 社に
優越的地位の乱用など独占禁止法違反につなが
りかねない事例があったとする調査報告書を発
表した。それによると3社はそれぞれが運営する
仮想商店街で
(1)出店手数料率を運営事業者側が一方的に変更できる
(2)運営事業者が行うクレジット決済代行業務の
  利用を義務付けて割高な手数料を求める
(3)出店をやめた後に仮想商店街で得た顧客情報を
  使うことを禁止している

ことが、独禁法違反の疑いに該当する。
3社はいずれも独禁法違反ではないと主張している。
3社は仮想商店街で合わせて約9割のシェアを持っている。


いろいろ難しいですねぇ・・・。
9割占めちゃっているところがねぇ?

難しいことはわからないけど、
利益ばかり得ようとガツガツしているとね。
気をつけないとね。