※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

#weblog
 富山県警は19日、氷見署が2002年に
婦女暴行未遂容疑で逮捕し、余罪の婦女暴行
罪と併せて懲役3年の実刑判決を受けて服役
した当時、同県氷見市のタクシー運転手だっ
た34歳の男性について、誤認逮捕だったと
発表した。

 別の婦女暴行事件などで公判中の無職男(51)
が自供し判明。男性には犯行当時のアリバイ
があり、現場の足跡の大きさも男性のものと
は異なっていた。

 男性はすでに刑の執行を終えており、
県警は17日、男性の親族に事情を説明して
謝罪したが、男性の所在は明らかでないという。
富山地検は、男性の無罪判決を求める再審請求
を富山地裁に行う方針。

 男性は、02年3月に同県西部の民家に土足
で押し入り、留守番をしていた少女(16)に
ナイフを突きつけて暴行しようとしたとして、
翌4月15日、氷見署に婦女暴行未遂容疑で逮
捕された。さらに5月、県西部の別の少女を暴
行したとして婦女暴行容疑で再逮捕された。


うわぁ・・・最悪。
無罪で服役されていたなんて。
謝罪だけじゃすまされないよ。
その人の人生狂わされちゃってるもん。
かわいそうすぎます。
ひどすぎます。

絶対にあってはならないミス・・・