※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

#weblog
エコナに次ぐ花王の目玉商品であるヘルシア緑茶。
今月(2007年1月)、その有効成分である高濃度茶カ
テキンが原因と疑われる肝臓障害がカナダで報告さ
れた。実はフランス、スペインでも12件の肝臓障害
が報告されており、販売禁止措置もとられている。
だが日本でトクホに許可した厚労省は、審議の議事
録さえ十分に取らない杜撰な審査しかしていないこ
とも判明した。もし飲むのなら、肝臓検査の数値に
注意したほうが良い。

【Digest】
◇肝臓移植まで必要とした高濃度茶カテキンの被害
◇フランス、スペインでは発売中止になっていた
◇トクホの審議でも発ガン促進が示唆されていた
◇「議事録なんかとっていません」厚生労働省
◇花王「ファクスで回答します」

 偽装のデパート「発掘!あるある大事典2」を、
単独スポンサーとして支援し続けてきた花王。スポ
ンサー降板にあたり、「広告主として常日ごろ、信
頼性のある番組作りを要望していただけに、極めて
遺憾です」とコメントしたらしい。

 しかし、花王という会社は、そもそも自社製品の
安全試験のデータも隠そうとする会社だ。この件に
ついては昨年8月にmynewsjapanで報告したとおり。

 納豆は少々食べ過ぎても、痩せないだけで病気に
なることは無い。一方、特定成分を濃縮した健康食
品は、一歩間違うと病気になってしまう。どちらが
重大な問題かは考えるまでもないだろう。

 カテキンは、もともと普通のお茶にも含まれてい
る成分だ。そういう意味では私たちが長い間食べて
きた安全な食品素材だといえる。

 ただヘルシアの場合、それを通常の緑茶飲料の5倍
にまで増やしている。また体脂肪を減らせるという
効能をうたっているため、まじめな消費者は律儀に
毎日飲み続けてしまう。その結果、通常の食生活で
は摂取できない量を長期にわたり摂ってしまうこと
になるのだ。

◇肝臓移植まで必要とした高濃度茶カテキンの被害

 このほど発覚した、ヘルシアと同程度の量のカテキ
ン(600mg)が入ったサプリメントを6ヶ月とり続けて
肝臓障害を起こしたカナダの女性のケースは、次のよ
うなものだ。

 「42歳の女性が、黄疸と腹部の痛みを訴え入院。肝
機能検査の結果は異常な値を示した。入院後も患者の
状態は悪化し、錯乱と脳症を起こして入院後9日目で昏
睡状態になった。


厚労省もいいかげん・・・

花王も・・・

もぉ、何を信じたらいいんでしょうねぇ・・・

トクホだって信じられないじゃん・・・