※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

#weblog
[ニューヨーク 5日 ロイター] 
米調査会社インサイト・リサーチ・グループは5日、
子供に関する米国の親の最大の心配事は、セックス
や飲酒ではなく、テレビ視聴やインターネット利用
に費やす時間の長さであるとの調査結果を発表した。
この調査は、メディアによる子供への影響などを研
究する団体コモン・センス・メディアの依頼で行われた。

 調査は1138人の親を対象に実施。そのうちの
約57%が、子供のメディア利用時間が長過ぎるこ
とを非常に心配・強く心配と答えた。一方、セック
スや飲酒が心配だと答えたのは全体の約45%だった。

 また、学校での様子を心配している親は55%、
体重の問題を心配している親は46%と、いずれも
セックスや飲酒の数字を上回った。

 同調査によれば、親が最も心配しているメディアは
テレビで、2位がインターネット、3位がビデオゲーム
となっている。一方、ラジオや雑誌は最も安全なタイプ
のメディアだと考えられている。

 また、子供がメディアから受ける影響を制限する最大
の責任は、テレビ番組やインターネットコンテンツの制
作会社ではなく、自分たちにあると親が考えていること
も分かった。


これを日本でやったらまた違った結果になるんだろう
なぁ。
こうやって、自分達親に責任がある、なんて考える
のって、今の日本人の親にあるのかなぁ。

なんでも、学校の責任とかにしてしまう親達に・・・