※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

#weblog
 Microsoft会長のBill Gates氏は、AppleのMac対PCを
描いた広告キャンペーン「Get a Mac」のユーモアをあ
まり評価していないようだ。

 Newsweek誌のインタビューに応じたGates氏は、
Windowsユーザーを擁護して次のように語っている。

 「Windows PCを使用している90%以上のユーザーが
自分のことを、あの広告が表現しているように鈍感と
かかっこ悪いと感じているとは思えない」とGates氏
はコメントしている。

 Gates氏はまた、「Windows Vista」へアップグレード
するには、大改造が必要になるという指摘にも、不快感
を示している。

 Gates 氏は、「われわれは間違いなく、競合他社より
も優れたユーザーがハードウェアに(Vistaを搭載すること
で)アップグレードできるアップグレードできる取り組み
を行ってきた。と述べる。「ユーザーは新しいマシンを購
入してもいいし、アップグレードもできる」(Gates氏)

 このほかにもGates氏は、VistaはMacよりセキュリティ
でもリードしていると主張している。

 「ここ最近、セキュリティ関係者は毎日Macの脆弱性を
見つけている。毎日、マシンが完全に乗っ取られてしまう
ような深刻な脆弱性を発見しているのだ。Windowsマシン
の場合、そのような脆弱性は月に一度見つけらるかどうか
だろう」(Gates氏)

この記事は海外CNET Networks発のニュースを編集部が日
本向けに編集したものです。


なんかね、セキュリティがどうとかは、わからないの
ですが・・・

あのコマーシャルは、明からにウィンドウズをバカに
しているのではないか???
と思うコマーシャルに感じました。
最初、マックのコマーシャルとは思いませんでした。
私は。
ウィンドウズの批判のコマーシャルなのか?
と思っちゃいましたから^^;

他社を批判するコマーシャルをするのではなくて、
自分達のいいところを伝えるのがコマーシャルなの
では???

見ているこっちもいい気分はしません。
不快感を覚えるコマーシャルです。