※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

#weblog
 9日午前5時55分ごろ、岡山市西市の国道2号バイパス
(高架)で、大型タンクローリーが、側道から合流してきた
乗用車と接触して横転し、後続の軽乗用車がタンクローリー
に追突した。この事故で、タンクローリーが積んでいた劇物
のカセイソーダ(水酸化ナトリウム)約10トンのうち、
約5トンが路上に流出。

 バイパス下を自転車で走っていた男性(75)の顔に
カセイソーダがかかって、病院に搬送されたほか、軽乗
用車を運転していた男性2人が軽傷の模様。

 岡山県警は付近の上下線を通行止めにし、消防隊員ら
が吸着材などを使ってカセイソーダの回収作業を続けて
いる。

こ、こわ・・・
劇物輸送しているのに・・・
もっと頑丈なものに入れてくださいよ・・・
劇物なんだから、追突ぐらいで壊れないようにして
ください><

苛性ソーダって・・・
強いアルカリはアミド結合を加水分解するので、
タンパク質を腐食する作用を持つ。したがって、
皮膚等に付着したまま放置すると火傷のような
(ぬるぬるする)症状を起こすので、付着した
場合は即座に水で、きれいに洗い流す。特に、
眼に入った場合失明のおそれがあるので、取扱
いには注意を要する。万が一身体に付着した場
合はこすらずによく水で洗い、医師の治療を受ける

だよ?
多少ついただけで、強アルカリって、本当皮膚が
ぬるぬるするもん。
それかぶってみ???
大変だよ?

もっと自覚してください。
劇物扱っている方たちは・・・