※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

#weblog
 「死んだ実感がわかない。病気ならば覚悟もできたん
だけど……」。「リンナイ」製のガス湯沸かし器による
事故で、今月7日に遺体が見つかった横浜市鶴見区馬場
4、無職、石川一男さん(61)さんの弟実さん(57)
は戸惑いを隠せない。

 実さんは8日午後、北海道から駆けつけ、9日は神奈川
県警の現場検証に立ち会った。石川さんとは3年前の母親
の葬儀以来会っていなかった。「まだ原因を調べている段
階だろう。周りからはガスで亡くなったという話しか聞い
ていない。何も分からないので、リンナイの今後の調査発
表を待ちたい」と話した。

 娘3人が00年1月30日、一酸化炭素中毒で入院した
東京都荒川区西日暮里1のそば店経営、舘野辰三さん(54)
は、けいれんを起こした娘の様子を今も覚えている。

 舘野さんによると、同日午前9時半ごろから、長女が換
気扇をつけずに台所で洗いものをしていた。隣接する部屋
の窓も閉め切っていた。長女(当時24歳)は突然、しゃ
がみこんでせき込み、けいれんを起こし、近くで寝ていた
三女(当時21歳)、四女(当時18歳)とともに救急車
で運ばれた。3人は1週間~2日入院したが、今は3人と
も後遺症はないという。

 火が消えるなど湯沸かし器が不調で、事故の半年ほど前
に修理したという。その後も火のつきが悪くなることがあ
ったらしい。湯沸かし器は事故翌日、東京ガス担当者が新
たな機種と交換した。

 舘野さんは「使う側も換気など気をつけなければならな
いが、リンナイには安全な器具を作ってほしい」と話した。

 03年10月26日に東京都豊島区池袋本町で死亡した
女性(70)は、アパートで1人暮らしだった。管理人に
よると、事故の1カ月ほど前から、女性は湯沸し器と換気
扇の不調を訴え、業者が修理したという。「同じ機種で事
故が相次いでいるとは知らなかった」と驚いた様子で話し
た。警視庁池袋署は事件化しなかったが、現時点でも再捜
査の予定はないという。

確か、機種自体に異常が見つかったんですよね?
もちろん、使う側は、換気扇を使うことは当たり前。

安全な器具で、安全な使い方したいですね・・・