※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

#weblog
藤原紀香のCMで知られる不動産会社「レオパレス21」
(東証1部)の建物が手抜き偽装であることが明らかにな
った。土台と建物を接続するボルトが打ち込まれていない
などの違法建築だが、日刊ゲンダイ本紙が取材を始めると
大慌てで補強工事を始めたのである。

 耐震偽装のズサンな手抜き工事が明らかになったのはレ
オパレスがシルバー事業として昨年3月にオープンした介
護施設「あずみ苑 平沢」(東京・あきる野市)。この建
物の内装工事に携わり、手抜きの一部始終を目撃した三国
建築設計工房(本社・藤沢市)はこう告発する。

「コンクリートの基礎と建物の土台を接続するアンカーボ
ルトがまったく打ち込まれていないのです。基礎の下のス
リープ(配管)を補強する太い鉄筋も入っていない。補強
筋がないと強度不足で小さな地震でもコンクリートが崩れ
てしまう。窓のサッシも木造建築用の安物で規格外。耐震
偽装以前に、明らかな建築基準法違反です。非破壊検査を
実施すれば鉄筋やアンカーが入っていないことは一目瞭然。
この施設は建て替えるしかありません」

 実はこの建物を設計した建築事務所からもクレームがつ
いていた。オープン直前の05年12月末に、こんな施工
指示書が出されていたのだ。

〈土台は無残にも酸素ガスで大きく穴が開きそのまま。
メーカーとして、施工管理者としてどのような判断を下し
たのか〉〈土台にあけられた穴は錆(さび)止め処理もな
い。湿気を持つ木屑(きくず)がそのまま放置されている〉
〈壁のアンカーはなぜかナット締めではなく溶接。善処を
求めたが現場調査ではそのまま〉〈サッシの隙間には木片
をはさみ、いかにも脆弱(ぜいじゃく)さを感じる〉

 レオパレス側はこの指摘にもとづいて工事をやり直し、
東京都あてに報告書を出している。ところがこれもインチ
キだった。

「新規にアンカーを設置しなければならないはずが、
ナットを土台の上にポンと置いてアンカーに見せかけ
ているのです。プロが見ればすぐに分かります」
(三国建築設計工房)

 この施設を認可した東京都では「検査済み書が提出さ
れていて、書類に不備はない。建築基準はクリアしてい
る」(福祉保健局高齢社会対策部)と言う。

 レオパレスはどう答えるのか。日刊ゲンダイ本紙が5
日に取材を申し込んだところ「忙しいので取材は8日か
9日なら応じる」(広報室)の回答だった。

 ところが、6日に現地に行ってみると、なんと工事用
トラックが横づけされ、背広を着た男の指示で作業員が
壁をはがし、鉄杭を打ち込んでいたのだ。

 介護施設の入居者も「急に工事が始まりました。一体
何事でしょうかね」と首をかしげる。

 改めてレオパレスに問い合わせると今度はこんな回答
が返ってきた。

「補強工事? 何の工事かなんてこちらで把握してませ
んよ。我々は他にも仕事があって忙しいんだ。好きなよ
うに書いて下さい」(広報室長)

 レオパレスはニワカ補強工事で偽装をゴマカすつもり
なのか。

うわぁ・・・
大丈夫なの?!
レオパレスの他の建物は?
大丈夫?!

やだやだ・・・次から次へと・・・
私の住んでるアパートは大丈夫なのだろうか・・・