※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

#weblog
 男性の同性愛を扱った漫画や小説が好きな女性たちを
「腐女子」(ふじょし)と呼ぶそうだ。鉄道やアニメな
ど、さまざまな「おたく」が市民権を得つつある中、
「腐女子」たちの存在感も勢いを増している。その実態
はどんなものなのだろう。

「ボーイズラブ」は女性向けポルノ?

  男性の同性愛を扱った漫画や小説を「ボーイズラブ(BL)」
という。BLが好きな自分を「腐ってる」と表現したことから
「腐女子」と命名されたらしい。ライトノベル小説の情報を
紹介するサイト「ライトノベル作法研究所」で、「女性がBL
(ボーイズラブ)を好きな理由とは?」というスレッドを立
てたところ、30人ほどから意見が集まった。

  そのうち3割以上が、

   「(マンガや小説といった世界でも)好きな男を他人
(女性)にとられたくない」
   「女の身体は美しくないから」 

  などと、同性(女性)への嫉妬や嫌悪が理由だった。
さらに、

   「BLは展開が早く、少女漫画では見られない性の世界
が見られる」
   「ポルノは読みたいが男性用のエロ本を買うのは恥ず
かしい。BLは女性向けポルノ」
   「妊娠しないから、気楽に楽しめるセックスファンタ
ジー」

  と「性」への強い欲望もかいまみえる。

  マスコミが取り上げる「おたく」はずっと男性だったた
め、「腐女子」の存在は最近まで表沙汰になることはなかっ
た。しかし、コミックマーケットのサークル参加者の男女比
で考えると、「女おたく」は「男おたく」の同数から倍近く
いる。だから「隠れ腐女子」はもっといるはずだ、というわ
けだ。
  06年12月14日に宙出版から発売された「となりの801ち
ゃん」は発売から1か月で10万部を売り上げ、今の売れ行き
は好調だという。この本は、「アニメおたく」の男性が
「腐女子」の彼女との恋愛をブログで綴ったもの。「801」
は「やおい」と読み、「腐女子」の中でも最も性表現など
が過激とされるジャンルだという。
カミングアウトには勇気がいる

  「腐女子」歴15年という「サヤカ」さんは、自身の
ブログで「腐女子」の悩みをこう綴っている。

   「(BLを妄想してしまうという)罪悪感と(腐女子で
あることを知られたら嫌われる)恐怖から、腐女子である
ことを隠している腐女子は非常に多いです。本当の自分を
表に出せず、必要以上に自分を卑下してしまう」

  と打ち明けている。

  「腐女子」であることをカミングアウトするには勇気
がいる。たとえば「教えて!goo」では、結婚を前にした
女性の質問があり、それに対して、

   「少しずつアピールすれば理解してもらえる」 

というものから、

   「隠し通す事が難しいようであれば『おたく』な自分
とさよならする」
   「墓場まで持って行かなきゃならない秘密」 

  という意見まであり、まだまだ堂々と公言できる
ないらしい。



腐女子って、そういう意味だったんだ。
知らなかったよ^^;

同じ女性として・・・
う~ん。理解できないわ・・・

わからない^^;

いろんな人たちがいるんだなぁとは思うけどね。