※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

#weblog
 新人看護師の看護技術低下が深刻化している。

 日本看護協会の調査では、人工呼吸、心臓マッサージ、
止血など救急救命術や注射などを「1人でできる卒業生が
20%未満」という看護学校が半分を超えた。

 新人看護師による医療事故も少なくない。事態を重く見た
厚生労働省の検討会は来週、病院実習を大幅に増やすなど、
看護教育カリキュラムの10年ぶりの見直しを議論する。

 「点滴を付けた患者の寝間着やシーツを1人で替えられない」
「患者の搬送時、ストレッチャーを真っすぐ押せない」。毎年
4月になると、東大付属病院の榮木実枝看護部長のもとに新人
看護師を巡るトラブル報告が相次ぐ。「ここ5、6年、シーツ
交換など『これだけはできてほしい』ということができない人
が増えた」と言う。

教育が行き届いてない証拠じゃない。
勘弁してくださいよ。

もっとしっかり教育してください。
ただテストができればいいだけじゃないんですから。

患者側は、新人だろうがベテランだろうが選べません。

留年してでもしっかり教育してください。
最低限のことは叩き込んでください。

遊んでる場合じゃありません。学生は。