※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

#weblog


“割安”看護師が代役

 横浜市の堀病院で、無資格の看護師らが妊婦の産道
の状態を調べる「内診」などの助産行為をしていたと
して、神奈川県警は24日、保健師助産師看護師法
(保助看法)違反の疑いで家宅捜索に踏み切った。

 厚生労働省はこうした助産行為を「違法」とする通知
を出してきたが、出産現場の一部では今も同様の違法行
為が行われているとみられる。
(生活情報部 榊原智子、森谷直子、横浜支局 山内竜介)

厚労省通知、生かされず

 内診とは、陣痛が始まった女性の産道に手を入れ、
子宮口の開き具合などを調べる助産行為で、出産の
進行が正常か否かを判断する。厚労省医政局は「異常
があれば医師を呼び、対策を講じる必要が生じる。
母子の安全に大きな影響を及ぼす重要な行為であり、
専門教育を受けた医師か助産師が行うのが当然」と話す。

 だが日本産婦人科医会はかつて「内診は『診療の補助』
に当たり、看護師が行っても問題ない」と解釈、内診を
させてきた。これに対し厚労省は2002年と04年に
「看護師による内診は違法」との見解を都道府県に通知した


そうなんだ~。
というよりさ、通知遅くない?なんでつい最近?

助産師さん、という資格があるんだから、
やっぱりきちんと勉強をしている人たち
なんだから・・・

大事な大事な命を扱う仕事。
きちんと守ってほしいですよね・・・