※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

#weblog
 米国産牛肉の輸入再開第1便の検疫検査が8日午前、成田空港で始まった。農林水産省の検査に続き、同日午後の厚生労働省の検査を通過、到着した牛肉約5・1トン分の輸入が認められた。

 農水省の検査は、同空港貨物地区内の冷蔵倉庫で行われた。輸入業者が約340箱のすべてを開けて牛肉を取り出し、同省動物検疫所成田支所の検査官らが、脳や脊髄(せきずい)など特定危険部位が取り決め通りに除去されているか確認した。

 今回の牛肉は米国コロラド州の施設で処理され、米国に本社がある会員制大型スーパーの日本法人が輸入した。早ければ今週末から店頭に並ぶ。


この検査って本当に大丈夫なのかしらね・・・
どうも信用できないわ・・・。

お肉の安全性・・・大丈夫かなぁ・・・。

偽表示とかもまた出てくるのかなぁ・・・。

信用できなくなっちゃった~