※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

#weblog

豆乳:売れ行きが鈍る 大豆イソフラボン安全性論議で
 骨粗しょう症の予防など、健康イメージで伸びてきた豆乳
の売れ行きが鈍っている。今年に入って、大豆イソフラボン
の安全性論議がメディアをにぎわしたことがイメージの悪化
につながったともいわれる。大豆食品の健康効果を説く専門
家は「若い世代にとっては、大豆食品の不足こそが問題なの
に」と安全性論議に惑わされないよう訴える。【小島正美】

 ◇注意対象、凝縮サプリだけなのに

 大豆イソフラボンは女性ホルモンのような働きをする成分。
大豆イソフラボンを凝縮したサプリメントを女性が大量に摂
取した場合、子宮内膜が厚くなるなどの研究報告から、厚生
労働省は8月下旬、食品安全委員会の答申を受けて「妊婦、
授乳中の女性、乳幼児、小児は、大豆イソフラボンを凝縮し
た錠剤やカプセル、粉末などを摂取しないこと」などの指針
を都道府県に通知した。

 同省新開発食品保健対策室は「注意の対象はあくまで凝縮
したサプリメントで、豆乳や納豆などの大豆食品は栄養価に
富み、従来通り、食べることを勧めている」と強調する。

 ◇少なくない大豆自体への誤解

 しかし、日本豆乳協会(東京都)によると、豆乳の7割近
くを占める調製豆乳の生産量は今年1~3月、前年同期比で
約7%増だったが、4~6月は約1%減少、伸び続けてきた
傾向が逆転した。調製豆乳を売る紀文フードケミファ(東京都)
は「安全性論議が少なからず影響したかもしれない」と話す。

 豆の加工食品メーカー、フジッコ(神戸市)が今年6月
、首都圏と近畿圏の男女500人を対象に大豆イソフラボン
の意識調査を実施したところ、安全性論議が気になった人の
約6割が「豆乳の購入を控えた」と答えた。一方、約4割が
「普通の大豆食品の取り過ぎにも注意した方がよい」と答え、
大豆食品そのものが危険と誤解している人が少なからずいる
傾向がうかがわれた。

 ◇若者、摂取しないと骨粗しょう症の危険性

 こうした状況に対し、世界各国を見て回り、大豆の効用を
訴えてきた家森幸男・武庫川女子大国際健康開発研究所長
(予防栄養学)は「大豆食品からイソフラボンを取る国ほど
心臓死、乳がん、前立腺がんが少ない」と指摘、大豆離れを
心配する。

 家森さんらが兵庫県内の女子大学生の大豆食品の摂取量
を調べたところ、県民平均より4割も少なく、3人に2人
は週に1回も食べていなかった。「若い世代がもっと大豆
食品を取らないと将来、骨粗しょう症などが増える。妊婦
や子どもにも大切な栄養源なのに、危険な食品という誤っ
たイメージが伝わっているとしたら、深刻な問題だ」と改
めて大豆食品の重要性を訴える。

 危機感をもった豆乳メーカーなど10社は今月上旬、
豆乳習慣普及委員会を設け、「豆乳の日」の10月12日
から11月末まで、全国のスーパーで試飲の機会を提供す
るキャンペーンを始める。同委員会委員長の料理研究家、
前川メグさんは「豆乳はビタミンB群が豊富で、鉄分は牛
乳より多い。肌や腸の調子を整えるのにも最適」と有用性
を強調する。

毎日新聞 2006年9月22日 東京朝刊



あたりまえじゃん。
新聞であんな書き方するんだもん。
食品としての大豆たちもよくない と解釈されても
おかしくない書き方してたもん。

私は、栄養士という職業柄、絶対食品から摂るのは
平気だから、これはおかしいって記事を疑ったけど、
そうは思わない人が大半じゃないの?

絶対新聞の書き方おかしかったもん。

そのあと あるある大辞典で 食品から摂るのは
まったく問題ないんですよ  って話の中で出てきた
けど、それを聞いている人はごく一部ですよね。

大豆製品たちが売れなくなるの当たり前です。

大手新聞で、あんな書き方をして誤解を招かないとでも
思っていたのかしら?
今頃になって書いて。
遅いわよ。

ホント腹ただしいっ!!