|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|

ヱトセトラ/クルマ

    

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


ヱトセトラ/クルマ


スバル ジャスティRJ [E-KA6]

4WD, 5MT, 5ドア, 700kg, シルバー
エンジン[EF10]:直列3気筒SOHC, 997cc, 63ps/6000rpm, 8.5kgm/3600rpm
初めてのクルマです。が、学生だったので自分のクルマではなく母親のクルマを譲り受けて乗っていました。半年ほどで居眠り運転により昇天されました(笑)。
この頃は全くクルマに興味がなく、ただの足でしかありませんでした。今にして思えば車重が軽くなかなか面白い車だったんですねぇ。


スバル ジャスティRS [E-KA6]

4WD, 5MT, 3ドア, 690kg, ホワイト
エンジン[EF10]:直列3気筒SOHC, 997cc, 63ps/6000rpm, 8.5kgm/3600rpm
おいらはクルマがないと日常生活に支障が出る地域に住んでおります(仕事には差し支えなかったのですが)。その様子を見かねた父親が早々に買ってくれました。ありがたや。
しかし1年ほどして、右側をよく確認せずに交差点に進入してきた軽の1BOXに当てられて2<span class="awdeletedfont">代目</span>台目もお釈迦になりました。相変わらずクルマには興味がありませんでした。


三菱 ミラージュ・サイボーグ [C73A?]

4WD, 5MT, 4ドア, 1120kg, メタリックグレー
エンジン[4G61]:直列4気筒DOHC I/C&T/C, 1595cc, 145ps/6000rpm, 21.0kgm/2500rpm
さすがに3台目は自分で買うことにしましたが、先立つものがないので中古を探すことに。その話を聞きつけた義兄が三菱の中古車センターに連れてってくれました。相変わらずクルマに興味はなかったので、4ドアの4WDとだけ注文をつけたらこのクルマに(ちなみに義兄はかなりのクルマ好きで、今でも冬になると山に滑りに行ってます :-)。今までで一番長く乗ったクルマで3年半ほど乗りました。珍しく昇天することなく三菱に引き取ってもらったし(笑)。
今から思えばこのクルマに出会ったのが運の尽きでしたね。排気量がアップした上にターボまでついてて、そのパワーに驚いたもんです。まぁ、当時はターボ?何ソレ?って感じでしたが。


三菱 ランサー・エボリューションIV GSR[E-CN9A]

4WD, 5MT, 4ドア, 1350kg, シルバー
エンジン[4G63]:直列4気筒DOHC I/C&T/C, 1997cc, 280ps/6500rpm, 36.0kgm/3000rpm
それはクルマに興味を持ち出して、ラリーにも本格的に興味を持ち出したころでした。世間では4月から消費税が施行されるってんで駆け込み需要がどうのといってました。馬鹿だねぇとか言ってたんですが、WRCで活躍してる車が市販してるらしいと聞いた途端にほぼ衝動買い(笑)。そして運転してみてそのパワーと性能に、サイボーグのとき以上に驚きました。こいつも珍しく昇天することなく、2年で三菱に引き取ってもらいました。
初めての新車で最初はビクビクものでしたね。クルマに興味はあっても知識はない状態だったので扱いは酷かったですねぇ。まぁ、色々勉強にもなりましたけど(爆)。


三菱 ランサー・エボリューションVI GSR[GF-CP9A]

4WD, 5MT, 4ドア, 1360kg, サテライトシルバー
エンジン[4G63]:直列4気筒DOHC I/C&T/C, 1997cc, 280ps/6500rpm, 38.0kgm/3000rpm
エボIVはほぼ衝動買いでしたが、こちらは完全に衝動買いでした。ちょうどエボIVの24ヶ月点検に三菱へ行く途中、スリップして雪の中に隠れていた大きい石にヒットしてリップ・スポイラーが破損しました。三菱に着くとエボVIが展示してあったので、興味半分でエボVIを買うとして下取りはいくらになるか聞いてみました。すると修理費を差し引いて100万とのこと。ローンをチャラにできるではないか!
ということで購入(笑)。周りの皆さんもビックリしていましたがおいらもビックリしました。残念ながらこいつは車検を通した直後に、おいらを守って昇天なさいました (-人-)。


トヨタ スターレット・ソレイユL [E-EP85]

4WD, 3AT, 3ドア, 920kg, ダークブルー
エンジン[4E-FE]:直列4気筒DOHC, 1331cc, 97ps/6600rpm, 11.6kgm/5200rpm
エボVIが昇天してから1ヶ月弱入院してたので、その間に父親が手配してくれたクルマです。パワーはないし、エンジンは回らないし、3速ATだし、まったく気に入りませんが、自業自得なので我慢して乗ってました。
はっきり言って嫌いなクルマですが、改めてエボのよさを認識させてくれたクルマです。あとエボの燃費の悪さも(笑)。かなりガタが来てたのですが、走ればいいという人に貰われて行きました。


トヨタ ヴィッツRS [CBA-NCP13]

FF, 5MT, 5ドア, 960kg, スーパーレッドV
エンジン[1NZ-FE]:直列4気筒DOHC, 1496cc, 109ps/6000rpm, 14.4kgm/4200rpm
スターレットの嫁ぎ先が急遽決まったので資金がない状態でした。仕方ないので次のクルマまでの繋ぎとしてそこそこのクルマで探しました。ちょっと前の中古車も考えたんですが、次の車の資金が貯まらないだろうとトヨタの世界戦略車にしました。やっぱりモノを買うときに色々考えるのは楽しいですな。
納入時の仕様は
  • ディスチャージ・ヘッドランプ
  • アーシング・キット
  • アルミペダル
  • ノースモーカーズボックス
  • キーフリーシステム
  • サイドバイザー
  • タイア・チェーン
  • ETC対応DVDナビ
  • ポリマーコート
  • TRD エキゾーストマニホールド
  • TRD スポーツエアフィルター
  • TRD ラジエターキャップ(開弁圧1.3kg/cm²)
  • TRD フロント・タワーバー(3点支持)
  • TRD リア・サスペンションメンバーブレース
  • TRD Sportivoサスペンションセット
  • TRD 強化エンジンマウント
  • TRD 強化サスペンションブッシュ
  • TRD ダイレクトブレーキライン
  • TRD ヘリカル式LSD(機械式はメンテナンスが大変なんで避けました)
  • TRD 軽量フライホイール(34%軽量化)
  • モデリスタ ステンレス・スポーツマフラー(カッター部はチタン製)
  • モデリスタ スポーツシート(スパルコスターII)
です。ヴィッツなのに工賃込みで250万円弱 :-P。
更新をすっかり忘れてました。夏用のアルミとしてRaysのVOLK Racing TE37(15″/Bronze)を買いました。リム幅とオフセットは忘れました :-P。
ありきたりですが、多すぎないスポーク・タイプ(大体8本以下)が好きなので。それにバネ下荷重は少しでも軽くしたいし。
アクシス・モーターブティックのスーパーアクセルベダルIIを取り付けました。自分でやろうかと思ってたのですが、アルミペダルの交換(と言うよりもペダルプレートを固定しているピンを抜く)がどうにもできませんでした。トヨタのサービスに確認すると特殊な工具が必要とのこと。あっさり諦めてトヨタでペダルプレートを交換してもらいました。が、サービスも取り外したほうが作業しやすかったのかASSY交換と相成りました。
肝心のインプレッションですが、パワーもりもりって感じです。何かチューニングした訳ではないので、単にアクセル開度が大きくなってる&感度が良くなっているだけなんですけどね。でも、運転してて楽しくなるので大変お得です。ヒール・アンド・トゥも随分とやり易くなりました。
Total: -
Today: - , Yesterday: -

メニュー
  • トップページ
  • Windows




更新履歴

取得中です。